Machintoshのご入稿方法

STEP1 アップロードフォルダを作る
入稿するデータをひとつのフォルダにまとめ、圧縮ソフト「DropStuff」を使ってフォルダごとsitもしくはsitx圧縮します。
※zip形式での圧縮の場合、Archive Utility.app(Mac標準圧縮アプリケーション)は使用しないで下さい。

FTPできる容量は300MBです。それ以上になる場合は、別途ご相談ください。
圧縮後の名前は「発注者のお名前」+「表紙or本文」+拡張子としてください。
表紙と本文は、別けてください
  ex)
  発注者のお名前が「印刷美子」さまの場合の表紙データ
  → insatsuyoshiko_hyoushi.sit(.sitx)
  発注者のお名前が「印刷美子」さまの場合の本文データ
  → insatsuyoshiko_honbun.sit(.sitx)
STEP2 FTPソフトの起動
FTPソフト「Fetch」を立ち上げます。まずは「試しに使ってみる」をクリック。
※「Fetch」を持っていない場合は、「ハートコンピュータ株式会社」さまより、自分の環境に合ったバージョンをダウンロードしてください。
http://www.hart.co.jp/fetch/
※気に入って使い続ける場合は、「登録」よりシェアウェア料金を払いましょう。

STEP3 接続準備
「新規接続」画面が出てきます。ここに、メールで送られてきた必要事項を入力します。一文字間違えてもログインできませんので、メールからコピー&ペーストされることをお勧めします。
3カ所入力後、「OK」をクリック。接続されます。

ホ ス ト : ●●●● ←メールにてお知らせします
ユーザ ID : ●●●● ←個別発行
パスワード : ●●●● ←個別発行

※アップロードは24時間可能です。
※「ホスト」は固定です。「ユーザID」と「パスワード」が、セットで個別発行されます。

STEP4 アップロード
FTPサーバーに接続されました。step1で圧縮したファイルを、ドラッグして画面へ重ねます。
なお、接続後は15分以内に転送作業を開始して下さい。
※画面にある「lib」「rpm」はそのままにしておいてください(存在しない場合もあります)。

STEP5 転送
ドロップし終わると、転送が始まります。右側下部分、「転送」の下に出た、ドーナツ状の輪が転送状況です。
データは大きいほど、転送に時間がかかります。

STEP6 最後に
すべてのファイルを転送し終わったら「Fetch」を終了してください。
なお、アップロード後はデータの変更ができませんので、アップロードされる前にデータ内容をよくお確かめ下さい。
OS・ブラウザが多岐にわたり、FTP入稿が正常に行えない場合が考えられます。
上記の方法で上手くいかない場合は、データ転送サービスでのご入稿をお試しください。
詳細はこちら
FTP入稿について免責事項
Windowsのご入稿方法/Machintoshのご入稿方法
入稿完了メールフォーム